ホーム > 鍼灸の種類

当院で扱う鍼灸の種類

当院で取扱う鍼灸の種類

(左2つ)小児鍼
(右3つ)ディスポ鍼(使い捨て鍼)

 
(左)間接灸(温灸)
(真ん中)逆子などに用いる点灸(直接灸)
(右上)灸頭針用切りもぐさ
(右下)灸点紙(点灸の温度を緩和)
肩こり・腰痛・自律神経の乱れのある方の治療(置鍼)


 
さらに効果を高めるために温灸器も合わせた治療を行います。間接灸(もぐさのお灸)をする場合もあります。

 
花粉症や眼精疲労、頭痛などはまずお顔に鍼をします。


 
眼精疲労・飛蚊症の方には目のツボにお灸(写真は電気温灸器を使用)も併用します。

 
逆子治療をしているところです。


 
冷え性の方の治療(お灸を電子温灸器を使用)


 
小児はりにはローラー鍼を使用。


 
首などには接触鍼も使用します。


 

鍼灸ワンポイント講座>>