ホーム > スポーツでの痛み

スポーツ外傷

スポーツによるこんな痛みはありませんか?

  • 筋肉痛
  • 打撲や捻挫

スポーツによる症状は鍼灸で改善

 

 

 

スポーツをしている時に急激な力が加わって起きる症状(脱臼や骨折など)を「スポーツ外傷」と呼びます。
スポーツの練習を繰り返し同じ箇所の使用を重ねるため慢性的に障害が起こるものを「スポーツ障害」と呼ばれます。
スポーツ選手や学生さんに多いですね。
骨折や脱臼、外傷などは医師(外科、あるいは整形外科)でなければ扱えません。
骨に異常のない打撲や捻挫などは鍼灸が有効であるとWHOでも認めています。
当院ではスポーツでしっかり鍛えた筋肉モリモリの患者さんもご来院されています。
その方がしているスポーツにより痛む部位も決まって来るように思います。

例えば、陸上選手のような走るスポーツの方は腰から特に足の痛みを訴えますし、水泳をしている方は腰や特に肩から背中の痛みを訴えられます。
また、砲丸投げや野球のピッチャーの方は肩から特に腕の痛みを訴えられます。
どんなに鍛えた筋肉でも過度に使う部分が疲れて筋緊張が起こり、その部分が痛くなるのです。
骨や外傷(きず)は医師でなければ扱えませんが、緊張した筋肉をほぐす(弛緩する)のは鍼灸の得意分野です。

当院は大学も近いことから学生さんもスポーツの疲労でご来院頂いております。



運動器系疾患の鍼灸治療

ツボとは?イメージ肩のこり痛み、腰痛、寝違い、五十肩など運動器系の疾患は筋肉が固くなる(凝る)ことにより起こる症状です。
筋肉は疲れると縮む性質が有り縮んで固くなった(こった)筋肉が周囲の神経を圧迫し、ダルミや痛みが出てしまうのです。
症状はダルミ⇒痛み⇒しびれ⇒マヒ(動かない麻痺ではなく治療用の電気を当てても感じない、感覚的なマヒ)の順で起こりますがダルミには気付かずいきなり痛みになって現れる症状も多いのが現実です。

「朝、昨日の疲れが残り、ダルくてなかなか起きられない」
「忘れている時もあるが、疲れると腰が痛くなる」等の症状があったら「要注意」です。
このような状態は「ぎっくり腰(急性の腰痛)」や「寝違い(急性の頸部痛)」を大変起こしやすい状態と言ってよく、「ぎっくり腰」で来院される男性患者の殆どは痛くなる前に前述の症状を感じています。
「ぎっくり腰」も「寝違い」も急性のものは「電撃用の痛み」と言って非常に強い痛みが現れますので、
「要注意」のうちから治療をしておかれることをお勧めします。
自律神経失調症は女性に多い症状とは言え、疲れが高じると男性にも起こり得ます。
当院に来院される男性で自律神経系の症状で多いのは「不眠」「胃の痛み」等です。
その他、耳鳴り、下痢、顔面神経麻痺(痛)等で多くの男性患者が来院されています。
ご相談ください。