ホーム > WHO認定適応症

WHO認定適応症

WHO認定適応症は様々な症状があります!鍼灸の力で症状を改善しましょう


当院でお問い合わせが多い症状一例
不妊症うつ症状(自律神経失調症)花粉症・首・肩の凝り、痛み
頭痛・緊張性頭痛抜糸疼痛、三叉(顔面)神経痛腰痛
坐骨神経痛、ヘルペス後の神経痛
便秘
月経困難症(生理痛・生理不順)
テニス肘、捻挫、打撲五十肩・変形性膝関節症

鍼灸治療ではこんな症状も対応します!

WHO(世界保健機関)は1996 年、薬を使わず鍼灸だけで治療効果のある症状として以下の疾患を正式に認めました。


適応疾患リスト(1996年WHO【世界保健機関】)
01 上顆炎(テニス肘)17 胆石33 分娩の誘発
02 頸部筋膜炎=肩こり等18 胆石疝痛34 月経異常
03 頸椎炎19 胆道回虫症35 女性不妊
04 上腕肩甲関節炎(五十肩)20 胆道ジオキネジー36 男性不妊
05 慢性関節リウマチ21 急性扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎37 インポテンス
06 変形性膝関節症22 慢性副鼻腔炎(花粉症)38 遺尿症
07 捻挫と打撲23 気管支ぜんそく39 尿失禁
08 頭痛24 狭心症を伴う虚血性疾患40 尿閉
09 片頭痛25 高血圧41 白血球減少症
10 緊張性頭痛26 低血圧42 メニエール症候群
11 坐骨神経痛、腰痛27 不整脈43 近視
12 扁桃摘出術後疼痛28 神経循環性無力症44 肥満
13 抜歯疼痛29 下痢45 片麻痺
14 ヘルペス後神経痛30 過敏性腸症候群46 うつ病
15 三叉神経痛31 便秘47 アルコール中毒
16 腎石疼痛32 月経困難症48 薬物中毒


同じ頃(1996 年頃)アメリカで最も権威のあるアメリカ国立衛生研究所(NIH)は、鍼灸治療はがん予防に効果があると正式に発表しました。
日本でも統合治療の一環として三重大学医学部附属病院に日本初の鍼灸外来ができ、鍼灸の有効性が認められました。
自律神経失調症からくる不眠や頻尿等も対応いたします。ご相談下さい。